Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://genbatimes.blog.fc2.com/tb.php/52-e6ab9af4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

突撃!Y様邸リフォーム工事

新入社員の多賀です。今年の4月に入社し、今は研修の日々を送っています。
今回は、Y様邸リフォーム工事の現場に同行してきたので
私の目線で見たこと、感じたことを皆様にお伝えしたいと思います。

 Y様邸は築年の建物の構造躯体を残し、
・耐震強度の向上
・断熱性能の向上
・間取り改修
・設備の取替え
を行う大型リフォームです。

この日は内部の解体工事の真っ最中。

20140411_142031-240x376.jpg
写真は土間部分を撤去している様子です。
職人の方が掛け矢で床のタイルやその下のモルタルを取り壊し、
バケツに入れてトラックへ運んでいきます。
(掛け矢とはおおきな金槌のようなものです。)

20140415_155246-240x376.jpg

20140411_141801-240x385.jpg
上の写真は残すもの。階段や構造躯体はそのまま残して、
リフォームしたあとも引き続き使用します。
必要なところは養生をし、掃除をしながらすすめていました。


20140411_141643-240x375.jpg
そして、この現場の監督である大野さんが現在の進行状況や今後の工事について
職人さんと細かな打合せを行っている写真です。

解体工事は機械を使用して一気に壊していくものだと思っていましたが、
今回は、職人の方が時間をかけて丁寧に壊していました。
時間のかかる作業ではありますが、どの部分を残してどの部分を取り壊すのかの判断や
残す部分の養生や取扱いなど神経の使う作業だと思いました。
私はまだ研修中ですが、今回のように丁寧な工事を行う現場にしていきたいです。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://genbatimes.blog.fc2.com/tb.php/52-e6ab9af4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

z-ranger

Author:z-ranger
「永く愛せる木の家づくり」
名古屋のザイソウハウスの現場ブログです。
家づくり現場やメンテナンスについて、
監督目線でレポートしています。

≪登場人物≫
・鬼頭康博(現場監督)
・大野滋生(メンテナンス・現場監督)
・倉地朋也(現場監督)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。